SR400

SR400

2012年11月6日火曜日

冬用ジャケット

             ___
            /      \
          /         \ 
        /:    /ヽ   /ヽ \
        |::      ) /       |
  _,rーく´\ \,--、.  (/     /
. ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /       '" ´ ! ` ー-、
 { -! l _」_ノ‐′/ ヽ        |    ∧
. ヽ ゙ー'´ ヽ  /   ヽ       i   |/ハ
 `ゝ、  ノ ノ     ヽ     |
             ___ 
            /      \  
          /         \  
        / :   /ヽ   /ヽ \    (⌒)   
        |::      ) /       |   ノ ~.レ-r┐、
        \::.    (/     /  ノ__  | .| |
.     , ⌒ ´ \       '" ´ ! 〈 ̄  `-Lλ_レレ
    /  __    ヽ       |   ̄`ー‐---‐‐´
.    〃 ,. --ミ    ヽ     i   |/ハ /
   ji/    ̄`     ヽ   

            曰
            | |
           ノ__丶
            ||大||
            ||五||
            ||郎||




10月入荷分の赤霧島げっと
前回入荷のは飲んでしまおう。
1本はストックしておくのだ!


久しぶりにグラタン作ったった

パン粉入れすぎた。見た目まずそうwww



amazon見てたら安かったので衝動買い
これで冬もかつる!コミネじゃないよ!
まぁ去年買ったジャケットありますが。
プロテクター入ってるから安全なんですが何せ重い。


日曜の朝、都内某所 
バイク愛好家たちが集まる小さなサイトの走行会が開かれようとしていた 
集合時間10分前、既に来ているメンバーは7人 
その輪の中へ、俺はコミネのS-41 Sports Riding Mesh Suitを着て乗り付けた 
「おはよう!コミネキッドです!今日はよろしく!」 
元気よく自己紹介する 
「…あ、おはようございます」 
「コミネキッドさんって高校生なんですよね?若いですね…」 
なぜか皆の視線が泳いでいる 

「遅くなってスイマセ~ン!」 
ダイネーゼのツナギを着たオッサンが大きな声を出しながらやってきた 
「幹事のダイネーゼオヤジです。今日は皆さんよろしくお願いします」 
この人が今回のオフの主催者であり、サイトの管理人でもあるダイネーゼオヤジさんだ 
「あ、どうも!コミネキッドっす。よろしく」 
俺が挨拶をすると、ダイネーゼオヤジは眉間にシワをよせて、 
俺とS-41 Sports Riding Mesh Suitををジロジロと見てきた 
「え~っと…コミネキッド君だっけ?君さぁ、今日どこに行くか知ってる?」 
「え…?サーキットを流して交流を深めるオフっすよね?」 
「うん。で、君のツナギ…それ夏用のメッシュツナギだよね?」 
何が言いたいのかわからない。やっとの思いで買った俺のS-41 Sports Riding Mesh Suitを 
夏用呼ばわりされてイラっときた俺は言った 
「何が言いたいんスか?」 
「サーキット走るんだけど…それじゃ参加できないよね?」 
「…大丈夫っスよ!受け身を取れば転んでも皆さんに迷惑かけないですし」 
爆笑の渦が起こった。そしてダイネーゼオヤジは苦笑いしながら言った 
「そのツナギはサーキットを走っちゃダメなんだよ。それにこのツナギ見てごらん」 
ダイネーゼオヤジのツナギへ視線を移す。そこにはMFJのマークがあった 
「サーキットは安全第一だからね。君のツナギじゃ走れないんだよ(苦笑」 

俺は泣きながら家に帰ると、そのまま枕を濡らして眠ってしまった 
目を覚ますと午後10時、パソコンの電源を入れてあのサイトを覗いてみる 
そこの掲示板には、今日の走行会を楽しそうに振り返るメンバーたちの書き込みがあった 
俺は偽ハンドルネームを使って『ダイネーゼオヤジ臭ぇんだよ!死ね!』と書き込む。 

すぐに管理人からのレスがあった 
『コミネ君だね。当サイトのルール通り、君をアク禁にします』 



バカにされる意味がわからない。
最初のグローブはコミネだったし俺は好きだけどw

今週は上司が愛知来るので飲み会だー
土曜早起きできるかな。そろそろ紅葉見に行きたいぜ。


0 件のコメント:

コメントを投稿